プリリジーの効果と通販薬局

男性が抱える性行為のお悩みで常に上位に挙がるのが早漏症という症状です。早漏症とは性行為の際に射精までのタイミングが通常よりも極端に早いことを意味します。このような早漏の悩みはパートナーとの満足な性行為を行う事ができず、人によっては精神的に負担を抱えてしまうほどの深刻な症状です。このような早漏症を改善するには専門の治療薬が効果的です。プリリジーは世界初の医療用早漏治療薬として大手製薬会社が開発・製品化した男性用の機能改善薬です。主な効能は性行為前に服用することで、射精までの時間を持続するという作用にあります。主成分はダポキセチンでこの成分の作用によって、体内のセロトニンの量を増やす働きがあるといいます。現在世界約60カ国以上で認可されており、約100万人以上の早漏の悩む男性を対象に処方がされているといいます。大規模な臨床試験によって早漏症の劇的な改善が見込めるとの効果が証明されており、安全性も信頼も高い治療薬といえる地位を確立しています。プリリジーの最大の特長は性行為前に前もって服用しておくことで、射精までの時間を延長して持続する効能があるという点です。今まで早漏症が原因でパートナーを満足させられなかった男性も、プリリジーがあれば円満な関係を取り戻すことができます。またプリリジーは早漏症の根本を改善するための治療薬ではなく、飲むことで一時的な早漏の悩みを解決へ導くための画期的なサポート薬といえます。現在プリリジーは国内では未承認の薬剤になるため、購入にあたっては通販薬局などを利用して入手する必要があります。これらの通販薬局は一般的には個人輸入代行業者が手続きを行っています。プリリジーを購入する際は信頼のおける実績のある業者を選んで購入をすることが失敗しないポイントです。

プリリジーを扱う病院情報

プリリジーを扱う病院は基本的にはEDの治療を行っているクリニックや泌尿器科などですが、早漏が精神的なストレスによるものの場合は心療内科などのクリニックでもプリリジーを処方してもらうことができます。SSRIの薬なので精神科に受診していると他のタイプのSSRIの薬が処方されることがありますが、これらの薬にもプリリジーと同様に射精障害の副作用があるので、同じように利用することができます。1錠あたりの価格を考慮するとジェネリック医薬品のほうが安いので、インターネットで購入する人も増えています。医療機関で処方される場合には確実に本物のプリリジーを手に入れることができますが、個人輸入の場合は有効成分が含まれていない場合もあるので、口コミなどを参考にして信頼できる業者を選ばなければなりません。インドなどのジェネリック医薬品は品質が悪いとされていますが、実際には衛生的な工場で作られている薬も多いので、インド産が全て粗悪品であるというのは間違いです。プリリジーは早漏の治療薬として扱われることもありますが、実際には射精を遅らせたい人に服用されていて、勃起治療薬と併用することで、長時間のセックスをすることができるので、世界的に人気になっています。日本では医薬品は医療機関の処方箋が必要なのですが、個人輸入に限って購入が可能なので、インターネットでは様々な商品を購入することができます。プリリジーと同じタイプのジェネリック医薬品も販売されていますが、価格が3割程度安いので多くの人が購入を指定ます。早漏の患者の場合でも保険が適用されないので薬代がかなり高くなるので、検査などを医療機関で受けて、その後は個人輸入で薬を手に入れる人も増えています。

プリリジーの副作用と注意事項まとめ

早漏防止の治療薬として人気のプリリジーを利用する場合には、薬である以上は副作用や使用の際の注意事項はいくつかあり、それらを理解した上で使用する事が重要です。副作用について述べると、それほど副作用が現れる可能性が高いという訳では無く、1%から10%未満程度と言われています。どのような症状が現れるのかというと、頭痛、めまい、下痢、吐き気、睡眠障害、起立性低血圧などが起きる場合があります。副作用が起きる可能性はそれほど高くは無く、起きたとしても比較的症状は軽い場合が多いのですが、万が一重い症状が現れた場合には服用を中止して医師に相談するようにした方が良いです。また、ED治療薬との併用は問題ないと言われていますが、アルコールとの併用は禁忌とされているので性行為をする前にアルコールを摂取する人もいますが、プリリジーを服用する際にはアルコールと併用しないように注意が必要です。その他には肝臓や心臓に疾患がある人の場合や起立性低血圧などで失神した事がある人は、プリリジーは服用する事は出来ないです。いくつか併用禁忌薬もあり、特定の成分を含む抗うつ剤や鎮痛剤、抗生物質は併用禁忌とされています。もし、これらの薬を利用している場合には、自分が用いている薬と併用しても問題が無いのか事前にきちんと調べた方が良いです。プリリジーの副作用や注意点について簡単に紹介しましたが、病院で処方して貰う場合には事前に医師の診断があるのである程度安心できますが、個人輸入で独自判断で薬を購入する場合には自己責任となるので、きちんと自分がプリリジーを使用しても問題が無いか、どのような副作用が現れる事があるのかを理解した上で服用するようにする事は大事です。

■プリリジー以外にも通販が出来る早漏治療薬があります
早漏克服のお薬はこちら

ページの先頭へ戻る