プリリジーで交感神経をコントロールし早期射精を防ぐ

プリリジーはSSRIの薬なので交感神経のスイッチをコントロールして脳の過剰な興奮を抑えることができます。早期射精は脳が異常に興奮することで起きるので、プリリジーを服用することで症状を改善することができます。またプリリジーには射精を遅くする効果があるので、早期射精が不可能になるので早漏が完治することもあります。基本的には早漏は心因性の病気なので、交感神経のスイッチをコントロールできると正常なセックスが出来るようになります。早期射精は早漏と呼ばれて様々なタイプの薬が開発されていますが、基本的には若い男性の女性に対するコンプレックスや不安、緊張などによって交感神経のスイッチが入るのが原因なので、プリリジーによって脳の状態が落ち着くことで早期射精がなくなります。プリリジーを服用するときに注意すべきことはSSRIの薬に共通したものですが、効果が出るまでに2週間程度かかることや、食欲に変化がでること、または脳の興奮が極度に抑えられることで喜びや悲しみなどの感情を感じにくくなることなどがあります。プリリジーの早漏に対する効果に関してはもともとは射精障害という副作用だったのですが、射精までの時間が非常に長くなる作用を利用して早漏治療薬に利用されています。早漏を根本的に治すためには心理療法などが必要ですが、セックスに慣れることで症状が改善するので、リラックスをした雰囲気でセックスが出来るようにパートナーと協力する必要があります。プリリジーは個人輸入で手に入れることができるので、医療機関に受診しなくても購入することができます。しかしSSRIは脳のセロトニン受容体に作用する抗鬱剤なので、安易な使用は避けなければなりません。

ページの先頭へ戻る